プレゼンテーション研修

聴衆に伝わりやすいプレゼンテーションについて講義と実践を通じて学びます。

研修の目的

  • 普段は意識しないプレゼンテーションの基本ルールを理解します。
  • プレゼンテーションの実践を行うことで通じる話し方を身体で学びます。

プログラムの特徴

講義にグループワーク、ペアワークなどを盛り込み飽きのこないプログラムです。
実践が中心で、繰り返し演習をすることでプレゼンテーションの基本を身体で覚えます。
講師が実践の中で学んできたこともふんだんに取り入れた内容。

対象者

  • 社内・社外問わず、人前で話す機会がある人
  • 営業担当者

研修プログラム

1.優れたプレゼンターとは (1)一流と二流と三流の違い
(2)見た目で勝負が決まっている
(3)プレゼンターの存在感が結果を左右する
2.変わるプレゼンテーション 【映像】大企業トップのプレゼンテーション事例
3.事前準備が成功の鍵を握っている (1)目的・ゴールを明確にする
(2)相手を理解する
(3)どのように伝えるか
4.わかっていても出来ない
 プレゼンのルール
(1)目で相手を説得する
(2)立ち居振る舞いの5つのルール
(3)声の使い方8つのルール
(4)これが出来ると見違えるように上達する
   話し方4つのルール
【グループワーク】

5.ロジカルにわかりやすく伝える

(1)三角ロジックでわかりやすく伝える
(2)ロジックツリーを活用する
(3)PREP法
【グループワーク】
6.アイコンタクトの使い方 (1)ワン・トゥ・ワンのコミュニケーション
(2)ジグザグ法
(3)Show See Speakの法則
【グループワーク】
7.プレゼンに動きを取り入れる (1)前の動きと横の動き
(2)ボディランゲージを入れる
(3)ボディランゲージを使うときの注意点
【グループワーク】
8.質疑応答の仕方
9.プレゼンテーション実践

受講生の声

実際に受講いただいた受講生 の皆様からいただいた声をご紹介いたします。

※クリックすると画像が大きくなります。